1. HOME
  2. ブログ

ブログAlways blue skies behind the clouds

陸前高田事務所 7月の相談カレンダー

陸前高田事務所では、現所長の瀧上(たきうえ)弁護士と、前所長の在間(ざいま)弁護士の2名の弁護士が、皆様のご相談をお受けしています。

7月の相談予定日は、下のカレンダーのとおりとなっています(画像をクリックすると拡大します)。

 

 

「これって法律問題なのかな?」と迷われることでも、お気軽に相談にいらっしゃってください。

 

東日本大震災当時、岩手県・宮城県・福島県にお住まいだった方は、法テラスの利用によってご相談料が無料となります。それ以外の方でも、ご相談料をいただかずにご対応できる場合がありますので、お問い合わせください。

 

事務所の営業時間外や休日でも、ご相談が可能な場合がありますので、まずはお電話でお問い合わせください。

 

 

2018/6/28 京都大学法科大学院「パブリックローヤーのすすめ」で講師を務めました

弁護士の在間です。

 

昨日、京都大学法科大学院(ロースクール)で開催された日弁連・法テラス主催の「パブリックローヤーのすすめ」で講師を務めました。

京都大学ロースクール生の皆さんに、ひまわり基金法律事務所(公設事務所)や法テラスでの弁護士の活動を紹介して、弁護士の公益活動に関心を持ってもらうことを目的としたガイダンスです。

 

ひまわり基金法律事務所に赴任した学部生OBとして、陸前高田での経験や赴任して感じたやりがいをお話ししました。

参加してくださった学生さんは、皆さん、熱心に話を聴いてくれていました。

私自身も、学生の皆さんの真っ直ぐな視線に、初心を思い出す貴重な機会となりました。

 

そらうみ法律事務所では、弁護士過疎地での活動について関心のある司法修習生や法科大学院生、学部生の方を対象に、随時、事務所訪問を受け付けています。

ご希望の方は、お気軽に、事務所の問合せフォーム宛て(ページ右上)に、ご連絡ください。美味しい食事も付いています。

 

IMG_9114.jpg

 

IMG_9111.jpg

 

IMG_9119.jpg

 

(弁護士 在間文康)

陸前高田事務所 6月の相談カレンダー

陸前高田事務所では、現所長の瀧上(たきうえ)弁護士と、前所長の在間(ざいま)弁護士の2名の弁護士が、皆様のご相談をお受けしています。

6月の相談予定日は、下のカレンダーのとおりとなっています。

 

「これって法律問題なのかな?」と迷われることでも、お気軽に相談にいらっしゃってください。

 

東日本大震災当時、岩手県・宮城県・福島県にお住まいだった方は、法テラスの利用によってご相談料が無料となります。それ以外の方でも、ご相談料をいただかずにご対応できる場合がありますので、お問い合わせください。

 

事務所の営業時間外や休日でも、ご相談が可能な場合がありますので、まずはお電話でお問い合わせください。

 

B型肝炎訴訟・無料相談会のお知らせ

 鈴木が所属するB型肝炎訴訟弁護団が5月25日から27日にかけて各離島で無料相談会を開催します。鈴木はヨロン会場の担当です。B型肝炎に感染しているとの指摘を受けたことがある方,その原因は幼少期に受けた集団予防接種にあるかもしれません。補償はもとより健康にも関わることですから,気兼ねなくご相談下さい。1日でも早く,1人でも多くの方の救済に繋がるように,奄美でのあらゆるアクセス障害を乗り越えたいと思っています。

http://amamishimbun.co.jp/2016/01/27/10086/

http://www.nankainn.com/p-economy/%EF%BD%82%E5%9E%8B%E8%82%9D%E7%82%8E%E8%A8%B4%E8%A8%9F%E3%81%A7%E5%A5%84%E7%BE%8E%E3%81%AE%E7%94%B7%E6%80%A7%E3%81%8C%E5%92%8C%E8%A7%A3

 

(奄美事務所 弁護士鈴木穂人)

 

裁判員裁判研修に参加しました。

 サクラ満開の3月30日。弁護士会館(鹿児島市内)で開催された「裁判員裁判研修」に参加してきました。東京から刑事弁護人として著名な神山啓史先生(桜丘法律事務所),宮村啓太先生(あさひ法律事務所)を講師としてお招きしての実践的な研修です。

 

 この研修は,ある強盗致傷事件を題材にして,冒頭陳述,主尋問,反対尋問,弁論を実演し,批評を受けることで,刑事弁護技術の向上を目的としています。また,その過程を参加者との議論をとおして刑事弁護人としての感性や素養を磨いていきます。いわば刑事弁護人としての鍛錬の時間です。菅野は反対尋問,鈴木は弁論を実演しました。

 

 私達は弁護士の少ない奄美で執務していることもあり,こうした研修で第一線に立つ神山先生や宮村先生を中心に多くの法曹との研修は非常に刺激的でした。特に,鈴木は新人時代(二弁・桜丘法律事務所)からお二人には指導を受けています。菅野は修習時代の刑事弁護教官が神山先生でした。

 ですから、私たちにとっては、再会を懐かしむと共に少しでも成長した姿を見て頂きたいと気負っていただけに,なおさら緊張と充実した時間となりました。

      (弁論中の鈴木)

      (神山先生、宮村先生、西郷どんと)

  

  奄美では,刑事弁護を担える弁護士の数に限りがあるため,他の地域と比較してその役割や責任が大きいところです。だからこそ,私達は最善の刑事弁護を目指して今後も研鑽を積んでいきたいと思っています。

 

(奄美事務所 弁護士鈴木穂人・弁護士菅野浩平)