1. HOME
  2. ブログ

ブログAlways blue skies behind the clouds

陸前高田市立図書館が開館しました

当事務所も入っているアバッセたかたに併設されている図書館が、今日オープンしました。震災前の図書館は被災して、これまで仮設の図書館だったのです。

 

なかなか、綺麗で広々しています。蔵書数は都会の図書館と比べれば少なめですが、震災関連書籍は非常に充実しています。当職も、200冊程度は震災関連書籍を所有していますが、図書館にはその数倍の蔵書があります。折を見て少しずつ読んでいきたいですね。

 

(陸前高田 瀧上明)

 

 

 

2017/5/1〜5/2 アバッセたかた開設記念無料法律相談会

弁護士の在間です。

 

5月1日・2日の2日間、陸前高田事務所で、アバッセたかたへの移転記念として、無料法律相談会を開催しました。

アバッセたかたは、陸前高田市内の嵩上げ造成地に新設された商業施設で、地元の商店が多く入居しました。

5月1日・2日は、所長の瀧上先生が外部の法律相談会の担当などで不在にしていることもあり、私が事務所での相談会の担当を務めました。

 

 

開催前はご相談に来ていただけるか不安でしたが、おかげさまで、2日間延べ7組の方に相談にお立ち寄りいただき、活況となりました。

中でも嬉しかったのは、「ちょこっと聞きたいことがあるから、チラシを見て、買い物のついでに来てみたんだ。」と立ち寄ってくださったお母さんがいらっしゃったことでした。

 

地元の商店で買い物をしたついでに悩み事を相談できるような、そんな身近で気軽な事務所でありたいと思います。

陸前高田事務所、奄美事務所、東京事務所、地域にかかわらず、そらうみ法律事務所のモットーですので、ぜひお気軽にご利用ください。

 

 

 

アバッセたかたのお隣には、公園と遊具があり、たくさんのお子さん達が遊んでいました。

これからの街並みを想像して、何だか楽しい気持ちになりますね。

 

 

アバッセたかたの中には、八木澤商店さん(老舗の醤油蔵さん)のやぎさわカフェがあります。

「みそパンデロウ」をいただいたのですが、これが絶品でやみつきになりそうです。

 

 

陸前高田事務所では、これからも、瀧上先生始めスタッフ一同、地域の一員として、市民の皆様からのご相談をお待ちしております。

私も月1回程度ではありますが、お手伝いに参りますので、どうぞよろしくお願いします。

 

(弁護士 在間文康)

 

陸前高田事務所がアバッセたかたに移転いたしました

当事務所の陸前高田事務所は、以前の高田町字鳴石の仮設事務所を退去し、本日、アバッセたかた専門店街に移転いたしました。
陸前高田にお住まいの方はご存知の通り、アバッセたかたは今後の陸前高田のまちづくりの中核になる施設です。今日は、俳優の村上弘明さんも来られ、盛大にオープニングセレモニーが行われました。
アバッセたかたは市街地の盛土の上にありますので、今のところ周辺には何もありませんが、予定では今後周辺に100店舗近い出店があるとのことです。BRTのバス停も出来ております。

 

なお、当事務所は、正面入り口とは反対側(北向きの山側)に入り口がありますので、若干わかりにくい場所にありますが、逆にあまり人目につかないで事務所に入ることができます。
当事務所を、今後ともよろしくお願い致します。

 

【新事務所の住所】
〒029-2205 岩手県陸前高田市高田町字館の沖1番地 アバッセたかた内
(電話番号、FAX番号は変わりません)

 

(陸前高田 瀧上明)

 

岩手日報に掲載していただきました(4月21日朝刊)

この度も、仮設巡回活動について、掲載していただけました。
成年後見の普及は、当事務所の一つのテーマです。岩手県は、高齢化率が高いにも関わらず、成年後見の普及率が著しく低いのですね。
とくに被災地は震災後高齢化率が急上昇しましたので、成年後見は重要な制度になります。

 

しかし、今回の写真は、若干疲れが見えますね・・・
(陸前高田 瀧上明)

 

6年目の仮設住宅・公営住宅巡回

今日は、東海新報に仮設住宅・公営住宅巡回の記事を取り上げていただきました。


当地の仮設巡回・公営住宅巡回も、これで6年目のシーズンです。
記事の本文にもあります通り、震災が直接影響する件の相談は減少してきてはおりますが、高齢化率は震災後急上昇しており、高齢者関連の法律知識の普及は重要になるかと考えております。

今年度も、当活動をよろしくお願い致します。

 

しかし、写真の弁護士4人ともいい笑顔してますね・・・

(陸前高田 瀧上明)