1. HOME
  2. ブログ

ブログAlways blue skies behind the clouds

<< インターンシップ生(陸前高田事務所)から感想が届きました。 | main | 瀧上弁護士 事務所移籍のお知らせ >>

インターンシップ生(奄美事務所)から感想が届きました。

 京都大学法科大学院修了生  岡本 共生  

 

 私は人の役に立ちたい,人のために働きたいという理由で法曹という職業に興味を抱きました。そして,3つある職業のうち,弁護士になるのであれば,その際には,弁護士の数が圧倒的に足りないが故に解決できるはずのことも解決されないといった不合理な状況を変えたい,そうでなくとも困っている人がいるのであればすぐに手を差し伸べ最善の解決を導きたい,と考えていました。  

 

 ところで,大辞泉で「街弁」を引くと,「《街の弁護士の意。「マチ弁」とも書く》個人で開業し、主に地域住民からの依頼を受ける弁護士。」とあります。弁護士になるなら「街弁」が近いのかな,いやいや企業相手であっても困っていることに変わりないし「街弁」にこだわる必要はない,このように「楽天的」に悩みながら大手事務所の就活をしていたところ,そらうみ法律事務所のインターンシップの存在を知り,他事務所でも行われているサマークラークと同様の感覚で応募に至ったというのが恥ずかしながら正直なきっかけでありました。  

 

 結論から言えば,今回のインターンシップは,「現実」を突き付けられ,「予想」を大きく覆すものであり,「現実」を知るとても貴重な機会でした。一般の人や進路に悩む法学部生,現在進路をあまり深く考えていないor考えないロースクール生がイメージする,まさに弁護士の職務に触れることができました。あらゆる社会生活上の問題に困っている人が街にいて,先生方が拾い上げ,解決する,まさに何でも屋としての街弁です。  

 

 加えて,弁護士過疎地域特有の問題として,「敷居を下げ」,弁護士を「お得に」感じてもらうべく取り組まれている姿に触れることもできました。弁護士にも様々な専門分野が存在しますが,まだ実務を知らない無知な時期だからこそ,一度でも自分の目に焼き付け,先生方や地域の方と触れ合う機会はとても有益であると強く思います。今回私はお世辞抜きに,予想を遥かに超える経験をさせていただきました。

 

 貴重なお時間を割いて未熟な私に多種多様な経験をさせていただいた,鈴木弁護士,菅野弁護士をはじめ事務局職員の皆様には本当に感謝しております。本当にありがとうございました。

2019年8月29日