1. HOME
  2. ブログ

ブログAlways blue skies behind the clouds

<< 事務所説明会・弁護士採用予定のお知らせ | main | インターンシップ生から感想が届きました(久慈事務所) >>

インターンシップ生の感想(東京事務所)

東京事務所でのインターンシップを終えて

 

一橋大学法学研究科法科大学院3年 園田 靖大

 

 私は、困っている人の相談にのって、悩みを解決したいと考え、弁護士になることを志望しました。法科大学院の授業で、実際の法律相談に立ち会いや、模擬相談を行う機会がありした。その際には、法律相談に来た人の悩みを聞き出すことの難しさや、相談を通して相談に来た人に何らかの解決方法を示す重要性を学びました。そして、法律相談を受け、受任した後、弁護士はどのような活動をするのかを知りたいと思いました。一般民事を扱っている事務所でインターンシップを行っている事務所は少ないです。そのような中、陸前高田事務所のインターンシップに参加した同期の紹介を受けて、そらうみ法律事務所がインターンシップを行っていることを知りました。そこで、一般民事の事件を中心に扱っているそらうみ法律事務所のインターンシップに参加しました。

 

 インターンシップでは、訴状の起案や内容証明郵便を書く仕事、弁論準備手続の立会い、依頼者との打ち合わせ等、様々な業務を体験することができました。訴状の起案では、実務家である弁護士に見てもらえる機会はなく、とてもいい経験になりました。その際には、訴状の形式面だけでなく、なぜそのような構成をとったのか、どの条文が根拠になっているのか等、法律論の基礎の指導を受けました。弁護士になった後でも、法律論の基礎は重要であり、ロースクールでの勉強が大切であることを実感しました。

 

 また、依頼者との打ち合わせでは、依頼者が考えていることを丁寧に聞き出して、無理のない範囲で依頼者の意見を取り入れ、方針を決めているという印象が強かったです。弁護士は、法律のプロとして自分の考えを依頼者に押し付けるのではなく、依頼者の意見や考えを取りいれ、そこから解決策を考えていくことが大切であること実感しました。

 

 そして、弁護士先生とお食事の際に、弁護士過疎地域の活動について聞く機会がありました。過疎地域の弁護士は、どのような事件でも対応する必要があることを知りました。また、困っている人は、私の身近だけなく、様々な地域にいることを実感しました。

 

 今回のインターンシップを通して、一般民事における弁護士の活動だけでなく、法律論の重要性や、弁護士過疎地域での弁護士のあり方などを聞くことができ、とてもいい経験をすることができました。5日間、ありがとうございました