1. HOME
  2. ブログ

ブログAlways blue skies behind the clouds

<< 遺産分割と預貯金(平成28年12月19日最高裁大法廷決定) | main | 明けましておめでとうございます >>

146回目のフライト(2016年の出張納め)

 奄美の鈴木です。

 

 大晦日,皆様いかがお過ごしでしょうか。私は不惑の四十を迎えようとしています。まさか自分がそんな齢になるとは,少し感慨深いものがあります。

 さて,年末にはそれぞれの節目があるかと思います。仕事納め,走り納め,釣り納め,潜り納め,大掃除など。

 私は,先日12月29日,今年の出張納めとなる徳之島に行ってきました。移動手段は飛行機(JAC),フェリーとあるのですが,私は専ら飛行機移動です。そうした出張納めの結果,今年の飛行機搭乗回数が146回となり,昨年の144回を更新してしまいました(子供の頃から数を重ねることが苦手だった私にとっては唯一の自慢ともいえます)。

 

 なぜそんなにも飛行機に搭乗するのか? 

 

 それは奄美事務所が本土(内地)から約370キロ離れた奄美大島にあるからです。

 さらに,奄美事務所は全長約200キロの奄美群島(鹿児島地裁名瀬支部管轄)をホームグランドにしている事務所です。したがって,その行動範囲は事務所のある奄美大島に留まらず,喜界島,加計呂麻島,徳之島,沖永良部島(おきえらぶ),与論島(ヨロン)といった離島の中の離島も対象になります。

 一見平和そうに見える南の島といえども,人の営みあるところに困り事や悩み事があるのも現実です。宮澤賢治の「雨ニモマケズ」ではないですが,東へ西へ南へ北へといったところです。また,インターネット等の普及により人と人との交流も随分と便利にはなっているかと思いますが,直接に人の声や営みに触れなければ,本質的な解決や良質なサポートが出来ないと私は思っています。

 

 ですから,新年も,私の体力の続く限り,自然が許す限り,出張に出ることを怠らないようにしたいと思う今日この頃です。

 

(弁護士 鈴木穂人)