1. HOME
  2. ブログ

ブログAlways blue skies behind the clouds

<< 3月4日の読売新聞(夕刊、首都圏版)に掲載されました | main | NHK「視点・論点」に出演しました >>

ヨロン島,法律相談会とマラソンと

 奄美の鈴木です。

 去る3月3日から6日まで奄美群島最南端の島ヨロン(与論島)に出張に行ってきました。毎年恒例の出張です。出張の主たる目的は中央公民館での無料法律相談会の開催です。今年で連続4回目になります。

 

 今年は福岡県弁護士会の弁護士、徳之島のうみかぜ総合法務事務所の石本司法書士、私の3名で参加しました。この相談会は大阪弁護士会の南川弁護士が5年前にヨロンマラソン出場と合わせたプロボノ活動として開催されたのがきっかけです。南川弁護士は、私にとっては大阪の師匠のような存在です。南川弁護士の活動に感化された私は4年前から参加しています。

 ただし、この相談会に参加するには同時期に開催されるヨロンマラソン(ハーフ)に出走することが条件となっています。4年前にこの条件を突きつけられた私は売り言葉に買い言葉で応じてしまい、何の練習もせずにヘロヘロになってゴールし、その足で相談会場に向かった苦い記憶があります。この反省を踏まえて、翌年以降、相談会はマラソン大会の前日又は翌日に開催するようにしています。そして、少しばかりの練習をして参加しています。    

 

 相談会を開催する度に、平和でのんびりとした南の島でも人の営みがある限り、困りごと悩みごとがあることを実感します。そして、弁護士としてどのようなお手伝いが出来るのかを思案し行動している次第です。今年もどれだけヨロンの方のお手伝いが出来たのか自問自答ですが、継続は力なりということで、来年は「そらうみ」の若手も連れて参加したいと思っています。もちろん、参加条件はヨロンマラソンを出走することが条件となります(もちろん,相談される方にはそんな条件はありませんからご安心下さい)。

 

 ところで、今年の私のレース結果はというと・・・。何事も準備が大切ですね。

 

 いずれにせよ、マラソンは参加することに意義がある。法律相談も相談することに意義があると思っていただけるようになりたいと思っています。

 

(奄美事務所 弁護士 鈴木穂人)