1. HOME
  2. ブログ

ブログAlways blue skies behind the clouds

<< 陸前高田市・包括的虐待防止関係機関連絡会議に出席しました | main | 岩手日報に掲載されました >>

社会福祉セミナー「地域で取り組む権利擁護」に参加してきました

 雪舞う2月11日。鹿児島市内にて開催された社会福祉セミナー「地域で取り組む権利擁護」(鹿児島県社会福祉士会主催)に鈴木と菅野が参加してきました。このセミナーは,社会福祉施設,医療機関,学校,行政,社会福祉協議会といった現場での権利擁護の実践報告を中心とした恒例企画です。今年は県内各地から60名近くの参加者がありました。

 その中で,鈴木は「地域で取り組む権利擁護−奄美での成年後見・刑事弁護を中心に−」と題し,弁護士・社会福祉士として,奄美大島群島での権利擁護の活動について講演をしました。拙い講演ながらも,高齢者支援,障害者支援と刑事弁護にまたがる問題に言及し,関係者の方々にも共感して頂ける部分があったかと思います。

 他にも,久木崎祐一さん(いちき串木野市地域包括支援センター)・福里千恵美さん(鹿屋市・児童家庭支援センターつながり)・江之口博行さん(肝属地区障がい者基幹相談支援センター)の3名による権利擁護の実践報告が行われました。

 その中で特に興味深かったのが福里さんの報告です。福里さんが勤務する「児童家庭支援センターつながり」では子どもの権利擁護の一環として,離婚後の面会交流の場を提供しているとのことでした。さらに,講演後には同じ地域で調停委員をされている方から同センターでの面会交流の意義についてお話を伺いました。こうしたお話を聞くと,同様の試みを奄美でも実践しなければと思います。福里さんの活動を参考例として,まずは協力してくれる組織やマンパワーを確保しなければ,奄美市といった行政機関への働きかけが必須だとも思います。

 また,3名の報告者から,相談や支援時における,それぞれの心がけや工夫なども教えて頂き,大いに共感したところです。

 最後に,我々弁護士の日常的な仕事を振り返ると,「これは民事事件の問題」「これは刑事事件の問題」「これは福祉の問題」などとはっきりと線引きができる問題はむしろ少数です。相談者や依頼者の皆さんが抱いている不安や問題を真に解決するためには,従来の弁護士業務の枠を超えて活動していくことが必要になってくると思っておりますので,こうした交流の機会は大変ためになる時間でした。

 主催者,参加者の皆様,これに懲りずにまたお声かけ下さい。今後とも色々と議論,交流,共有が出来ればと思っています。

 

(奄美事務所)