1. HOME
  2. ブログ

ブログAlways blue skies behind the clouds

ひまわり基金法律事務所ガイダンスに参加します!

 今週は司法試験の合格発表がありました。かつて奄美事務所にエクスターンシップに来ていた鹿児島大学ロースクールの方からも合格の一報を受け嬉しく思っております。

 そんな中,下記のような企画に「ひまわり基金法律事務所」のOBとして参加します。今後の進路に悩んでいる方,少しでも関心のある方は是非ご参加下さい。

 

【司法試験合格者・法科大学院生等向け】

日本司法支援センタースタッフ弁護士・ひまわり基金法律事務所ガイダンス

https://www.nichibenren.or.jp/event/year/2017/170929.html

(奄美事務所 弁護士 鈴木穂人)

奄美市笠利町「みんなの相談会」に参加します!

 笠利地区の皆さん,お気軽にご参加下さい。この日は私もカサリンチュです。

(奄美事務所 弁護士 鈴木穂人)

陸前高田事務所 9月の相談カレンダー

陸前高田事務所では、現所長の瀧上(たきうえ)弁護士と、前所長の在間(ざいま)弁護士の2名の弁護士が、皆様のご相談をお受けしています。

9月の相談予定日は、下記のカレンダーのとおりとなっています。

 

「これって法律問題なのかな?」と迷われることでも、お気軽に相談にいらっしゃってください。

 

事務所の営業時間外や休日でも、ご相談が可能な場合がありますので、まずはお電話でお問い合わせください。

 

 

(そらうみ法律事務所 陸前高田事務所)

陸前高田市立図書館が開館しました

当事務所も入っているアバッセたかたに併設されている図書館が、今日オープンしました。震災前の図書館は被災して、これまで仮設の図書館だったのです。

 

なかなか、綺麗で広々しています。蔵書数は都会の図書館と比べれば少なめですが、震災関連書籍は非常に充実しています。当職も、200冊程度は震災関連書籍を所有していますが、図書館にはその数倍の蔵書があります。折を見て少しずつ読んでいきたいですね。

 

(陸前高田 瀧上明)

 

 

 

2017/7/17 「Abema Prime」(Abema TV)に出演しました

弁護士の在間です。

 

昨日、「Abema Prime」(Abema TVのニュース番組)に出演し、「災害弔慰金不支給で理由求める声」というニュースについてのコメンテーターを務めました。

 

Abema Primeは、21時からの生放送の番組ですが、当日お昼過ぎに出演オファーをいただいて、急ぎ旅先から帰還しての出演でした。

 

Abema TVは、テレビ朝日とAmeba(サイバーエージェント)が共同して設立したインターネットテレビ局ということで、収録は、六本木ヒルズのテレビ朝日のスタジオでした。

ウーマンラッシュアワーの村本さんやテレビ朝日アナウンサーの小松靖さん、元NHKの堀潤さんなど、いつもテレビで観ている面々と自分が同じモニターに映っているのは何とも不思議な気持ちです。

 

 

 

取り上げられるテーマはある程度決まっていたのですが、出演者の方から、色々なご質問やご意見が飛び交い、事前に想定していたのとは全く違う流れになり、お話ししようと思っていたことの3分の1程しかお伝えできませんでした。

 

 

私が特にお伝えしたいと考えていたのは、

 

〆匈可ぐ峩發蓮単なるお金の問題ではなく、ご遺族の心の問題であるということ

(「大切な家族が亡くなったのは災害が原因である」と公的に認められることで、その哀しみが少なからず慰められるものであること)

 

∈匈牡慙∋爐稜定が適正・正確にされるためには、実態に即して、1件1件を丁寧に、徹底的に審査しなければならないこと

 

そのためには、災害の現場に近いところで、災害の実態を知る人間が審査をしていく仕組みを作るのが重要であること

 

ど垰抖襪箸覆辰疹豺腓法△完簑欧砲修龍饌療な理由を通知するのは、ご遺族の気持ちに応えるためにも、審査の適正さをチェックできるようにするためにも欠かせないこと

 

ズ匈牡慙∋爐鯏正に認定することは、同じような悲劇を繰り返さない将来の備えに繋がるものであり、誰もが当事者として関心をもってもらいたいこと

 

その他いろいろとあったのですが、なかなか思うようには喋れませんでした。

 

 

それはともかく、災害関連死というテーマを取り上げてもらったこと、出演者の方が強い関心を持ってくださっていたことは、大変有り難かったです。

私としても、世間一般の目線から見て、災害弔慰金という制度がどのように映っているのか、皆さんがどのような疑問を持たれているのかを知ることができた貴重な機会でした。

 

 

 

 

(弁護士 在間 文康)